カテゴリ:exhibition( 13 )


ぐりとぐら展

e0337173_23485564.jpg

e0337173_23485046.jpg

e0337173_23485165.jpg

e0337173_23485354.jpg


ぐりとぐら展 @松屋銀座 

気がつけば最終日!
案の定、原画をゆーっくりは見られなかったけど、、、。
こどもも喜ぶ展示もあったりして、楽しかった。

三越のテラスに移動してお弁当とパンを食べました。
おやつのいちごを仲良く食べてる!成長したな〜。
テラスと子供服売り場のデッキのプレイスペースで思う存分遊んだ2人!

ここでこんなに遊べるんだ〜。次回はパパにここで子ども達をみててもらって〜〜〜、、、
と、買い物計画を目論みましたっ。








[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2014-03-12 23:46 | exhibition

BAtoMA TRADESHOW

e0337173_18104910.jpg

行ってきました!
BAtoMA @ラフォーレミュージアム原宿
27日(日)まで開催。
今季、抑えていた物欲が爆発しそう〜。素敵なものがたくさんありました♡






[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-10-25 18:13 | exhibition

EAST TOKYO


e0337173_15594589.jpg

e0337173_1559468.jpg

e0337173_15594853.jpg

e0337173_15594934.jpg

e0337173_15595072.jpg

e0337173_15595198.jpg


1
SyuRo
いい出会いが♪

2
gallery t
吉田樹人 個展 YOSHIDA Shigeto Solo Exhibition
浮遊するもの -Floating Substance-
 ※8/24まで
ギャラリーのおねえさんと♪

3-5
アサヒ・アートスクエア ロングパーティー
「フラムドールのある家」



6
FORM ON WORDSの面白いTシャツがお買い得でした!








[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-08-29 15:57 | exhibition

宮永愛子×皆川 明 特別対談「こないだの続き。」

e0337173_14155934.jpg

e0337173_1416061.jpg


先日観に行った、宮永愛子展「house」

もう一度行きたいと思っていたら、このような夢のような対談の企画があり、、、。
大興奮で予約しました。

とても丁寧にお話をしてくださって、穏やかで愉しい時間でした。大好きなお二方の対談、ますますファンになりました!笑

「GINZA」8月号のG's ARTのrecommendationで、皆川さんが宮永愛子展「house」について書かれています。こちらの文章にもぐぐぐっと引き込まれます。







[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-07-20 14:15 | exhibition

中島勉作商店 ガラスびん展 @ギャラリーアムコ

e0337173_13175096.jpg
e0337173_13174868.jpg

e0337173_13175133.jpg

e0337173_13175318.jpg


東京神田で120余年にわたりガラス問屋を営む老舗、中島勉作商店さんのガラスびん展に行ってきました。ガラスびん好きにはたまらない展示!

駄菓子屋さんやおせんべい屋さんの蓋つきの大きなまぁるいびんから、理科の実験で使った懐かしい実験道具まで、素敵なびん達が並んでいました。

DMにものっていた招き猫のビン、縁起が良さそう〜〜
中身の入ったびんもだけど、空っぽのびんもわくわくする。いや〜、楽しかった!

こちらのギャラリーアムコ、いい空間だなー。ギャラリーは2階で、1階がショップになっていました。こちらのショップでは、 店頭特集「石州への旅」展が開催されていて、気になるものがたくさんありました!
さーちゃんの「お祭りいきたい!いきたい!」コールに押され、ゆっくり見られなかったけど、芋かりんとう(芋けんぴみたいな)のお土産はちゃっかり購入。包みと「おいも泥棒」というネーミングがかわいいです。






[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-07-08 13:16 | exhibition

ソフィカル「最後のとき/最初のとき」@原美術館

e0337173_1154764.jpg


ソフィカル「最後のとき/最初のとき」@原美術館

気になっていたものの、二人子連れはキツいかな〜と諦めていた展示。
友達が誘ってくれたのと、パパが長女と動物園デートをしてくれたのとで、最終日の今日、行ってくる事ができました。

品川駅から原美術館の道のりも好きだったな〜と思い出す。
グッと引き寄せられる映像や写真。不思議な感覚でした。鑑賞する人を鑑賞したり。←これもまた醍醐味。
ゆっくり色々鑑賞した後は、お庭の気持ちのいいテラス席でお茶休憩&おしゃべり。日曜日を満喫!
友達に感謝!


最近、お出かけを優先していた我が家。そろそろ、お家を片付けないといかんいかん〜。
半年は経過したから、「引っ越したばかりで、片付いてなくて〜、へへ」は通用しないよなっ。






[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-07-01 01:15 | exhibition

宮永愛子展「house」

e0337173_19293591.jpg

e0337173_19293680.jpg

e0337173_19293790.jpg


宮永愛子展「house」@ミヅマアートギャラリー
2013/06/12---2013/08/03


宮永愛子
日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。
→公式サイト


「宮永愛子作品集 空中空(なかそら)」、素敵すぎます!!






[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-06-24 19:28 | exhibition

UMEKAYO梅佳代展

e0337173_15154945.jpg



日本の「男子」もすごいが「女子中学生」も負けてない!!笑
「じいちゃんさま」、、、も〜〜〜大好きです。写真1枚1枚に愛が溢れてる!

思わず声をだして笑ってしまったり、うるっときたり、、
すごく、すごく良かったな〜!!

UMEKAYO梅佳代展 6/23(日)まで @東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/exh151/j/exhibition.html





[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-06-19 15:15 | exhibition

小関 祥子「紙もの、使うもの」展 @やぶさいそうすけ

e0337173_2231504.jpg

e0337173_22315158.jpg


4月に谷中の やぶさいそうすけ で開催されていた、小関 祥子さんの「紙もの、使うもの」展 に行ってきました。

カラフルでかわいい紙ものたち!とっても素敵な展示でした。

写真1
モビールのキットは「はこぶくま」をチョイス。娘も見上げるたびに「あ!くまさんだ!」と嬉しそう!

写真2
展示終了後、届いたカード。「THANKS FOR YOUR COMING!!」






[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-06-04 22:28 | exhibition

祐源紘史 個展 @ Gallery t

e0337173_1355256.jpg


祐源紘史 個展 「最初の食事が死の始めである」
2013.5.10(fri)---6.7(fri) 10:00-18:00 土日祝休

先日、台東区の柳橋にあるGallery tに行ってきました。娘が踏みつぶさないようにしっかり、しっかりと手をひいて!
縁あって、祐源さんにお会いした事があったのですが、今回の作品とは初めての対面。感激!
まさに!骨の髄まで、見入ってしまいました。これが、ケンタのフライドチキンの骨とはっ。。。

そして、油絵もあるという情報を入手していたのですが、ギャラリーで「なるほど!このことか!」と。笑

明日から次女ちゃんの離乳食!というタイミングでお邪魔してきたこちらの個展。
個展のタイトル「最初の食事が死の始めである」は、考えさせられるものがありました。笑

(以下、HPより)

祐源紘史は、広島を活動の拠点とし、生と死をテーマに創作活動を続ける現代アーティストです。祐源の作品は、既視感を与える形態を特徴とし、一見ポップな趣向を凝らしながらも、恐怖や不安といった感情を抱く要素を含んでいます。代表作の《スケルトン》(広島アートプロジェクト2009「いざ、船内探険! 吉宝丸」出品作品)では、自ら食したケンタッキー・フライドチキンの骨を人体の骨格模型へと変貌させ、皮肉にも消費者である私たちの姿を連想させています。
このたびの個展では、人類の根源的な欲求である「食」に焦点をあて、動物の骨、卵の殻、残飯など、いずれも人間が食した命の残骸を素材とした作品を発表します。
展覧会タイトルは、イギリスの神学者トーマス・フラーの名言である「最初の呼吸が死の始めである」になぞらえ、食べることで生きながらえるエネルギーと、死に向かうエネルギー量が不条理にも同じであることを示唆しています。その逆らえないルールを助長し、私たちの日常的な行為である食べること、さらに食物の安全性にも言及していく作品群を是非ご高覧ください。

アートコーディネーター 今井みはる(本展ゲストアートコーディネーター)







[PR]

by n_e_r_o_l_i | 2013-05-28 13:53 | exhibition